HOME >

プラズマプラクシス2本入り

1度作るだけ!そして加熱しても水素が抜けない驚きのスティックで、豊かな水生活を実現

「プラズマプラクシス」は、物質を吸着する活性炭と特許セラミックボールが還元力の高いマイナス水素イオンたっぷりの美味しいお水を作ります。

ペットボトルに「プラズマプラクシス」を入れて5時間置くとプラズマ水素水の完成。その水を他の容器に移しかえても水素は抜けません!

また、加熱しても水素の力は維持されているので、コーヒーやお茶だけでなく、お料理の素材の味も引き立て役に。抗酸化力を発揮するプラズマ水素水を手軽に作って、サビに負けない家族の健康づくりをしませんか?

プラズマプラクシス2本入り

価格:

7,980円 (税込)

購入数:

在庫

在庫切れ

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

◆使い方はとっても簡単!

ペットボトルに「プラズマプラクシス」を入れ5時間置くだけで出来上がり!

その後は、他の容器に水だけを保存し、ペットボトルには水道水を入れておくとスムーズに使えます。

※1本のスティックで、1日2リットルのプラズマ水素水を作った場合、約3カ月使用できます。
2本のスティックで約720リットル。つまり、1リットルあたり約11円でプラズマ水素水が作れます。


◆社員がおすすめする商品活用術

●健康維持
朝起き抜けに、「プラズママプラクシス」の水をコップ1杯飲む。
朝食後に「爽快水素」を1粒飲む。これで、1日を通して疲れが溜まりにくい体になります。(H.E)

【愛用者の嬉しいお声】

●玄米ご飯がおいしく炊けて家族みんな大満足。
玄米がカラダにいいのは分かっていても、ぽろぽろしておいしくないよ、と家族には不人気でした。プラズマ水素水で玄米を炊いてみたらビックリ! ふっくらもちもち、香ばしくて。1週間の半分くらいは、家族みんなで玄米ご飯をいただいています。(神奈川県 KKさん)

●抜けないから、登山の時もプラズマ水素水。水分も水素もとれて安心です。
私は3000m級の山に登りますが、今までの水素水は口を開けたら水素が抜けていたことがありました。プラズマ水素水は、味はまろやかだし、水素が抜けないから水分と水素が同時にとれ、疲れがとても軽減される感じがします。(富山県 NTさん)

●カラダがごくごく飲んで、イライラが解消。これも水素のおかげかしら。
ミネラルウォーターにスティックを入れています。以前は、一度に2口3口しか飲めなかったのに、プラズマ水素水にしたら、カラダが勝手にごくごく飲みほしてしまう。飲んでいるうちに気持ちがゆったりするからフシギです。(東京都 MMさん)

●化粧水代わりに、使っています。肌がしっとり潤って、嬉しい!
少量のローズウォーターにプラズマ水素水を入れて顔にスプレーしています。肌がしっとりと潤ってきました。喜んでいます。(埼玉県 TMさん)

●お酒がおいしい!悪酔いしない!お湯割りには最高ですよ。
夫の晩酌の「焼酎お湯割り」にも使っていますが、おいしい!悪酔いしない!と大好評。 焼酎のランクを一段下げてみましたが、夫からは文句なしです。(東京都 MHさん)


プラズマプラクシス2本入り

価格:

7,980円 (税込)

購入数:

在庫

在庫切れ

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

【商品詳細】

●内容:ブルー×1本、オレンジ×1本入り

●材質:
[原材料]マグネシウム(純度99.9%)、活性炭、強還元性セラミックボール(特許第4218939号)
[本体素材] ポリプロピレン(食品衛生法適合品・日本製)
[メッシュ中袋素材] ポリエステル(食品衛生法適合品・日本製)

●1本あたりのサイズ:長さ12cm × 直径1.9cm

●1本あたりの使用期間:目安:約3ヶ月
※3ヶ月で機能が全くなくなるというわけではありません。水素水生成機能が高く安定して持続する目安として3ヶ月と設定しています。

【お手入れ方法】

1か月に1〜2回、市販の食酢と水道水を1対1の割合で希釈した酢水に約60秒ほど浸して、その後よく水洗いしてください。お手入れをすることで、水素水生成機能を維持します。

※容器のフタをしてお酢洗いをすると、水素ガスが多量に発生して、容器破損の恐れがあります。必ずフタを外した状態で洗ってください。


【ご使用上の注意】

※使い始めは、活性炭の黒い微粉末などが出ますので、水が透明になるまで洗ってください。洗剤は使用しないでください。

※白い浮遊物が水中に見えることがありますが、これは微量の水酸化マグネシウムです。人体に害はありません。

※一度ご使用いただいた製品はお水に入れて、常に水に浸る状態で保存してください。

※未使用の製品は密封袋に入れて、湿気の少ない場所での保管してください。

※できあがったプラズマ水素水はお料理などに加熱してお使いいただけますが、「プラズマプラクシス」を入れた状態では加熱しないでください。

ページトップへ